幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  ROネタに詰まったので、再び映画紹介をしたいと思います(逃

 前回の「BAD BOYS2BAD」のように見る人を選ぶような映画を紹介するよりも、もっと普通な映画を紹介するのが妥当ですね



 今回ご紹介するのはこちら



 ケビン・コスナー主演、監督の

 「ワイルドレンジ/最後の銃撃」です



 20050923230719.png





 比較的最近の西部劇なのですが、西部の雰囲気がひしひしと伝わってきます

 西部劇はそんなものかもしれませんが、まず風景がいいです


 物語の最初の景色は広大なる平原です

 馬にまたがった主役、チャーリー(ケビン・コスナー)をあえて小さくとることで、駆っている平原の大きさ、美しさをうまく見せつつ、カウボーイの優雅さも見せています


 思わず見とれてしまうような平原ですよ


 
 町に関しても、あたかも昔からそこにあるような雰囲気で、映画撮影のために作りましたという匂いを一切感じませんでした

 これほど常に風景にこだわっている作品もないと思います
 

 また、ストーリーもわかりやすく、すぐに映画の世界に入ってこれるはずです


 最大の見所は勿論、銃撃戦です

 チャーリーと相方のボス(ロバート・デュバル)が、殺された仲間の恨みを晴らすために保安官と決闘をします(2対10ほどの多勢に無勢の決闘です)

 銃声がまずリアル 

 見る人がまるで映画の中に入ってきたかのような臨場感です


 銃撃戦のひとつの時間はとても長く、20分ほどあるのですが、それすら短いと思えるほど楽しめるはずです  
  
 
 男たちの友情と誇りにきっと魅了されでしょう



 決闘前に二人は明らかに死を覚悟しているような行動を取ります

 町の人も「この決闘はやめた方がいい」とも言います

 けれども、二人はこの決闘を避けることはできず、避けるわけにもいきません

 息をのむほどの緊張感すら伝わってきます

 映画のフレーズにもありますが

 「逃げる場所もない。 隠れる理由もない」

 ということです

 
 勝ち目はもないのに、仲間のために戦う姿が渋すぎです!

 僕はこの二人の心意気に惚れました(ぉ

 


 本当に素晴らしい映画!

 西部劇を見ないという方もぜひこの映画を見てみてください
 
 あっという間にハマってしまいますよw


 この映画はつまらないなんて言わせない映画ですよ・・・いや、ホントに
スポンサーサイト
  僕が「これは」と思った映画を紹介してみますヽ(´ー`)ノ

 ROもいいけど、映画もいいですね

 
 今回ご紹介するのはこちら



 



 215862_118x160[1].png




 
  Bad boys, bad boys
  Whatcha gonna do, whatcha gonna do
  When they come for you

  直訳:悪党共悪党共、サツがやってきたぞ!サツがやってきたら、さぁどうする?


 こんな歌を用いた映画


 



 BAD BOYS 2BADです (´∀`)b




 今回は正体不明の麻薬王の陰謀を阻止するため、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスの最強(低?)ハチャメチャコンビが放つ、シリーズ第二弾



 アクション映画なのですが、微サスペンスあり、コメディありのまさに「なんでもあり」な映画です



 


 コンビがコンビなので、エロス表現がちょくちょくあります(つД`)
 
 そういう表現があってもそのシーンに中には必ずコメディ表現が含まれています(´・ω・`)

 エロくても笑えるというところでしょうか・・・





 この映画の凄いところと言えば、CGをほとんど使ってないことだとおもいます


 ほとんどを実写、もとい合成で仕上げてあるので、迫力はかなりのものです

 

 銃撃戦もそうですが、中でもカーチェイスの迫力は凄まじいです

 何度見てもハラハラします


 もっとも、二人がフェラーリの575Mラマネロに乗ってる時点でさらにハラハラしてましたがw



 フェラーリでカーチェイスするなんて・・・(´・ω・`)




 フェラーリのヘッドライトが銃で撃たれます(もち合成ッス




 ウィルと一緒に叫びました(ぉ


 (キャデラックの当時の新車なんかもっとひどいことに・・・

 あとはハマーで急斜面にある家々を突き破りながら疾走する姿は、見ていて実に気持ちが良いです


 マーカス(マーティン・ローレンス)がとあることをしていまい、一時的にラリってしまいます

 そこはまた笑いなしでは見られないと思います



 笑うところは笑わせて、決めるところは決める

 見ていてカッコイイと思う映画でした


 1見ずに2からみるのも全く問題がないと思います

 そういう意味では安心です


 ただ死体を調べたり、人をばしばし倒していくするシーンもあるので、苦手なひとにはそのシーンはきついかもしれません


 この映画は好きか嫌いかがきれいに分かれます

 正直グロいので・・・



 
 まぁ、やりずぎがこの映画のいいところだと思っています


 アメリカンな人ならきっと面白いと思います

 みるならレンタルで十分

 買わなくてもいいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。