幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 体火照っちゃって~(挨拶

 さぁさぁ、見に行ってきましたよー「サイレントヒル」

 わざわざ千葉中央まで足を運びましたが、上映してて良かったですw

 12時には千葉中央駅に着いたのですが、劇場にいってみれば11時から始まってたみたいです。んでもって次の回が5時半からという(´・ω・`)

 (* ひとつ面白い(?)ことがあったのでそいつを書きます。レビューに急ぎたい方はスクロール転がしてください






 というわけなので、仕方ないのでこの千葉中央で時間を潰すことにしました。ムダに時間があったので暇でした。ゲーセンがあれば時間潰せそうだったので、ひとまず駅周辺を歩く。

 でもあるのはパチンコ屋とネカフェだけです。良く見れば一通りもまばら。ナンダこの街はorz

 駅周辺をブラブラしてたら雨まで降ってきました。これで行動に制限がかかります。おとなしく駅まで引き返して近くのロッテリアで昼食

 新バーガーがおいしかったです。それはいいんですけど・・・




 なんで長州小力がいるの?wwwwww

 よくよく確認してみればこの駅前のホールを占領してトークライブやるみたいです。これはバルい(ぇ

 
 ナニコノ予想外のイベント。な、なんで小力?

 トークライブは3時から行うそうです。外は雨降ってるし、ゲーセンも見つからないし、せっかくなので会場の席に座ってライブを見ることにしました(マテ

 20分前に座っていたのですが、@5分という時になると会場を囲むように人がたくさんいました。

 みんな物好きですね^w^(ダマレ


 時間になりました。小力が出てきました。撮影禁止らしいので、ここは素直に見るだけでした。お笑いのトークして「切れてないっすよ」聞いて、ナイト・オブ・ファイヤ踊って終わりました。ぶっちゃけそこまで面白く無かったです(ごめん


 ライブが予想よりも早く終わってしまったので、再びゲーセン探し。

 隣駅まで歩いてようやく発見。時間が来るまで連ザⅡやってました。津田沼と比べてここらへんはレベルが低いみたいで助かりました。安定して勝てましたよ。

 ・・・・・・小力のこと書きたかっただけです。すいません(つД`)



 ここからレビュー(劇場入ってからのこと)

 休日なのに人は少なめでした。こういう映画はやはり寄り付かないんですかねえw

 席に座れば前には見に来ている仲間にサイレントヒル・シリーズについて熱弁を揮ってる人がいました。やっぱりゲームやってるとその分映画が楽しめそうですよね。僕は4とGBA版だけですがねw


 夢遊病という病にかかってしまっている小さな娘、シャロン。悪夢にうなされて「サイレントヒル」と叫び続けます。その言葉の真相を知るために母、ローズは夫に内緒でシャロンを連れて車でその街、サイレントヒルに向かいます。

 サイレントヒルにまもなく着くというところで、車道に女の子が飛び出してきます。あわてて急ブレーキをかけましたが、あろうことか、こちらがバランスを崩し、そのまま事故を起こしてしまいました。母ローズはその衝撃で視界が暗転してしまいます。

 目を覚ますと、そこは閉ざされたと言われた「サイレントヒル」深い霧に覆われ、灰が降る積もる街。思い出したように隣に座っていたシャロンの安否を確認しようとすると、そこにシャロンはいませんでした。突然の失踪。わずかに確認できた娘の影を頼りに、ローズは無人の街、「サイレントヒル」へと足を踏み入れます。

 シャロンの後を追いながらも、無人の街に鳴り響くサイレン。不吉な予感を感じながらも、シャロンのため、勇気を出して更なる深みへと・・・


 知ってる方はピンときますが、これゲーム版の第一作目と展開が同じなんですよ。主人公が男性から女性に変わってますが、それ以外は全く同じなんですね。

 音楽もゲームで使われた曲もあるんですよー。タイトルの音楽とかねw画面釘付けになりながらも「おー、ゲームと同じだー」なんて余裕こきながら、面白がりながら見てました。

 そこまではいい


 だが、ローズが「サイレントヒル」にの奥地に入ってからいきなりこの映画の、いや、サイレントヒル特有の空気を見せ始めるのです 

 シーンの一部一部がグロかったり、話の複雑さもありましたが、総合的に言えば・・・
 


 や、この映画怖すぎだからwwwwwww

 さすがサイレントヒルwwww ゲームが怖ければ映画も怖いwww

 なんかもう・・・まずひとつに、クリーチャーがやばい。サイレントヒル2に出てきた、あの頭にピラミッド被ったやつが出てきました。

 “赤頭巾ちゃん”のことだぞ、ミンチww

 なんかちょっと違ったような気もしましたが、あれは間違いない。姿は人間そっくりでも形がズレてるのがサイレントヒルのクオリティ。

 だ、だからって、だからってね!あのナースはないんじゃないですか!? 問題なく怖いから、あれ・・・。骨ゴキゴキならしながらこっちこないでくださいよ・・・(つД`)


 しかも主人公のローズ、ナイフの一本すら所持してないんですよ。ゲームシリーズでは伝統の鉄パイプもないんです!
 つまり、クリーチャーに会ったら逃げるだけ。逃げる逃げる、とにかく逃げる

 それゆえに恐怖感が倍増してると思うのです。映画化ゲームとして「バイオハザード」がありますが、あれはそんな怖くないですもんねwアリスが強すぎるからwww

 だから今回の完全無力(しかも女性)がクリーチャーを目の前にどう対処するかがポイント。怖いけど、目が離せない!

 僕は絶対あんなのに会いたくないですね。一思いに殺して欲しいですorz

 ぁー、夢にでてきそ・・・orz



 それでいてあのストーリーの巧妙さ。ゲームと同じような感じなのにそれでいて全然違うものになってます。ストーリーだけで怖くなる部分があって、これも狂気的な怖さがあってとてもいい。ただ、狂気的な怖さだけじゃなくて、もっと異質な怖さが見え隠れしてます。それが何よりも怖いww

 そしてネタ明かし。これだけで十分怖い。シャロンがサイレントヒルに導かれた理由。やめてほしいくらい怖かった(´・ω・`)

 話の巧妙さ故、お客さんの中にはチンプンカンプンな人もいましたが、その良く分からない部分がある程度解消されるとまた新しい怖さが出てくるのですよ。(とはいえ、もう一回みないと分からないところがありますねw)


 ということで、怖いの苦手な人はこれ観るのはやめといたほうが無難ですよ。そりゃ、怖さの限度には個人差がありますが、僕にとっては「キング・オブ・怖い映画」に一瞬で君臨しましたwww「サイレン」よりも「リング」よりもジュオンよりもずっと怖い。

 多分僕の中ではこれを越えるホラーはもう無いんじゃないかとおもいます。ゲームの内容知ってるとなおさら怖い。異世界の血なまぐささというか、錆臭さみたいなのが、映画でも健在(それどころかパワーアップしてる・・・)で、不穏な空気と孤独感が見事に出てるんですよ



 グロ表現では人が千切れたりもしてましたから、ちょっと注意。なんか途中でトイレに駆け込んだ人もいるくらいですからww

 逆にこのゲームのファンの方なら見ておくべき映画だと思います。二時間の中でこれだけストーリーをこなしきっていれば十分でしょう。特にエンディング。あれはいい意味で異常なエンディングでした。やっぱり普通じゃないところが、サイレントヒルっぽいw


 それと、今回シャロンを演じきった子役さんは天才じゃないですかね? ほんとすごいですよ、この女の子。子供にしか出せない恐怖を見事に出してると思います。普通の時とのギャップが激しすぎで、クライマックスのときなんてもうやばかった!



 こんな夏にはオススメ。何度も言いますが、ほんと怖いです。見るときは注意をばw

 ちゃんとストーリーを把握してこそ、恐さが見えてくるんですよ、一語一語見逃すな!です


 ちなみに個人評価ですが、点数は10点満点中15点ですwww 満点オーバー(ぉ



 どうか夢に出ませんように
スポンサーサイト
 宣言どおりDVD借りて見ました

 B000DZI63U.09._OU09_PE23_SCMZZZZZZZ_.jpg


 ご存知れんち推奨の映画(ぉ

 聞くところによれば3も公開するとか・・・。早く見ないと置いていかれてしまいますw

 前作は謎だらけで非常によかったです。グロかったけどね



 謎は近作でわかるわけですね。れんちによるとグロ表現がパワーアップしてるとのこと。過度なものにならなければいいですが・・・w


 性質上、話を進めにくくなるため、びみょ~~~にネタバレを含んで解説



 いきなり始まる黒幕<ジグソー>のゲーム。想像を絶する痛みと引き換えに命「だけ」は助かるか、死ぬかの究極の選択を迫らせる彼の趣向。

 このゲームの参加者(と表現していいのか・・・)マイケルは何が何だか分からないままゲームは始まる。ゲームは時限式。そしてゲームクリアへの手綱のありかはなんと・・・。


 あまりの内容に狂気するマイケル。それは過去の自分に対するしっぺ返しなのか。仕掛けたのは誰か?

 ・・・・・・考える時間はない。このゲームは「時限式」なのだから



 場面は変わり、息子との関係が悪化してしまったエリック刑事に事件舞い込んできた事件から物語は始まる

 現場に駆け寄るとそこにあったのは彼が情報屋として雇っていた、そう、マイケルの無残な死体


 こうしてはジグソーは「マイケル」という名の餌を蒔いた。獲物を手にするために、ゲームに参加させるために


 エリックがここに来ることを予測していたかのように天井に残されたエリックあての犯人からのメッセージ。死体に刻まれた印から犯人のアジトを見つけ、部隊を編成してアジトへ急行する。

 部隊が急行した場所はとある廃工場。奥へ進み、ジグソーの罠にはまってしまう隊員。引き返すことなどできない。さらに奥に進み、そして見つける。椅子に座る<ジグソー>を。

 呼吸器を付けているジグソーは逃げることができない。いや、逃げる必要がないと表記するのが適当だ。

 これで事件は解決、そう思ったエリックの目に信じられない光景が映る。


 工場に設置されていた数台のモニターには8人の男女が映っていた。どこかの屋敷に監禁されている男女が。

 さらにエリックは驚愕する。狂乱の表情を浮かべている者たちの中に、部屋の隅にうずくまる者が一人、いた。

 それこそがエリックの息子、ダニエルであった。その中には前作ゲームの勝利者、アマンダの姿もあった。

 そう、ジグソーはすでに新たなゲームを用意していたのだ。しかしこのゲームに参加するダニエルもマイケルの同様、エリックを誘うための餌でしかないのだ。

 エリックはジグソーに問い詰めるが、ここでジグソーはここで初めてジョーカーを切る。獲物が手の上で踊る様を見るために。


 そうして始まるエリックとジグソーのゲーム。罠に囚われた獲物はそこでもがくしか道はない。



 監禁されたダニエルたちは強い神経毒が打ち込まれていた。2時間以内に解毒剤を見つけないと命は、ない、完全な密室でのゲーム。

 次第に明らかになるゲーム参加者の共通点と理由。解毒剤を守るように待ち受けるは、幾多の仕掛け。

 何人が無事生還できるのか。ジグソーの意図とは?


 そして、この屋敷の出口は?


 物語は予想だにしない結末へと進む。
 




 ――さあ、ゲームをしよう。






 今回もやはりどんでん返しが待っていました。途中までは予測できたんですけどねえw

 いやぁ、すごいですねえ、今回も・・・。予測できない結末といううのがいいですよね。とはいえ、僕個人としては前作の結末の方が若干インパルスでしたね

 ××××は××××を××させるために××××××したんでしょうかw そうすると全体の察しがつくのですが

 ・・・って、こんな書き方したら見た人でもわかんないか・・・w


 しっかし、今回も痛々しい!

 僕はオープニングのゲームの時点で目を逸らしましたよwww あれは反則ですw

 かみそりの箱とかもうだめだぁ・・・w

 見てるこっちが「NOOOOOOOOOOOOOOO!!」な気分でした


 あぁ、あとクライマックスの方で、ダニエルが男をズバッ(ネタバレごめんorz)ってやったところもダメでした(オイ

 ご飯食べながら見てたからかもしれませんがw


 あとは注射器の山(ネタバレry)あれこそ痛い。それはもう鉱山からダイヤモンドの原石を見つけること並に難しいことでしょうねw

 だがしかしですよ、あそこで無事でいられたのはやはりラストと関係があるんでしょうね(ネタry)


 オープニングのやつ以外は前作のノコギリギコギコよりマシですがね・・・^^:

 

 総合的に今回もよかったです。ですけど、なんだろ。なんかこぅ、ジグソーの言葉に今ひとつ押しが足りないような気がするんですが・・・。まぁ、いい意味でこんなもんですかね


 次回作も勿論見たいですがグロテスク表現がさらに強化されてそうです。スクリーンでは観たくないですね、これだけは(;´Д`)
 最近のブログ更新の滞りは酷いものですね・・・。ネタがあれば毎日でも書くのですが^^:

 まぁ、今週末に映画でも見に行こうかなと考えてます。夏はやたら映画が公開されますからね。できれば二本ほど見たいのですが・・・無理かな

 とりあえず「サイレントヒル」を見に行きます。ゲームがゲームだけにどういう映画になるのか楽しみです


 そんなことを考えていると、無性に映画が見たくなりました(ぉ


 っつーことで久しぶりに映画のDVDをレンタルしてきました。ブログネタにもなるので映画は良いものです(ダマレ

 最近DVDとか何が出てるか良く分からなかったのですが、いつかめっきーが見なさいっていってた「あらしのよるに」でも見ようかなと・・・。これ最近でたんですねw

 ものすごく泣ける映画とは良く聞きます。確かにそうなんでしょう。とっても見たかったです!でも借りませんでした

 だって・・・僕・・・


 予告編見ただけで目が潤んでましたか!(死
 
 うん、この映画は危険すぎます。予告編でこんなんだから本編なんか見たらきっととんでもないことになるでしょう(ぉ

 涙止まらないんじゃないの?マジで;;

 この映画を見せられるのはある意味拷問ですねぇ。僕なんてほら「グリーンマイル」で号泣した人間だからこんなの見たら耐えられるはずないのですよ・・・


 でも、ちょっと感動する映画がみたい気がしたのでレンタルショップでしつこいくらいPV流してた「ALWAYS三丁目の夕日」でも借りようかなと思いましたが、こいつも全部貸し出しになってました。よくあるパターンですよねorz


 
 というわけで、両作品の間を取って今回はこの映画



B000AOTWLE.09._OU09_PE23_SCMZZZZZZZ_.jpg



 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演の映画「Mr.&Mrs.スミス」です

 この映画もちょっと気になってたのですよ。アクション物を見たいのも山々だけど、夫婦モノなんかにしちゃって面白いのかなと半信半疑で・・・


 まぁ、ストーリーはみなさんもご存知かと思いますが、劇的な出会いを果たしたジョンとジェーンはなりゆき(?)で電撃結婚を果たします。しかし、ふたりの間には秘密があり、実は双方ともプロの殺し屋。「タンク」と呼ばれる男を殺す任務で偶然、二人は出会ってしまいます

 出会ってしまった以上、相手が誰であれ、2日以内にその相手をしとめるのが掟。そうして二人はお互いを殺すことになるのですが・・・


 若夫婦がお互いの秘密を知ってそれをさらけ出すことで初めて絆が深まるというのがテーマらしいですが、一人身の僕にとってはそんなのは関係の無い話で・・・(ぁ


 ここは映画見た人限定、ネタバレですが、僕はお互いの秘密をしった夜に二人で夕食を摂るシーンが好きです。あの緊迫した空気が伝わってくるようですw

 ドンパチをやるところもなかなか面白かったと思います。劇中でメインの、夫婦で殴りあいシーンが始まっちゃって、これからどうなるんだろうと思いながらPCに噛り付いてましたが、良くも悪くも、やっぱりこういう展開になるんですね(汗

 ボコボコやってるときは良かったんですけどねw

 まずひとつにこの二人は強すぎw なんかこう、ボスキャラみたいな人物がいても良かったんじゃないかなぁとは思いました。BMを3台も潰しやがって・・・;; 

 家が全壊するほどの爆発を受けてもピンピンしてるのも愛嬌ですね。
 

 あと、所々にちょっとしたギャグも入っててクスリ、とくるようなシーンもいくつか。娯楽映画としてはかなり楽しめるのではないでしょうか。

 まぁ、アンジーがソッチ系の衣装まとった時はどうしようと思いました(;´Д`)

 あとオーブンが武器ケースになったりとかも・・・w


 笑うところじゃないとは思いますが、笑ってしまいました。なんかもう色んな意味ですごい映画でしたね。たまにはこんなテンションのアクションもいいですね。見て損はなさそうです



 次回はいよいよ「SAW2」を見ます。今回も騙されそうです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。