幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  私と同じくらいの年なのに・・・ニュータイプなのかもしれない(挨拶 

 ぁー、ぁー、脳をリフレッシュさせてきれいさっぱりいきたいラスティです

 二つ目の課題の半分が終わりました。のんびりと

 途中で腕が疲れたので、またーり映画を借りてきましたヽ(´ー`)ノ

 ひさびさですねぇ、今回はこの映画!


 20060504224458.jpg



 福井晴敏氏の「終戦のローレライ」を原作に製作された海洋戦争(SF?)映画、「ローレライ」です

 結構話題にもなってた邦画なのでご存知の方も多いと思いましす。福井氏は「現代版ガンダム」と謳ってた(本心か?)ので、前からちょっと気になってたんですよ。劇場でみれなかったのがちょっと残念です

 戦争映画っていっても、平和とかについてそこまで考えさせられるような映画でもないようなので、漠然と見てられそうです。とか思いながら見ました。

 邦画故のことなのか、ふんだんに使ってるCGの一部一部が不自然な感じがしないでもありませんでしたが、僕としてはなんのストレスも感じずに見られたと思います

 ただ、若干日本のアニメ要素的なものが入った映画のような気がしました。見ていておもしろいのですが、すくなくとも戦争映画ではないきがしてきました


 舞台は1945年、8月6日。広島に原爆、リトルボーイが投下されました。その事実をしった帝国軍軍人、朝倉大佐はかつては名艦長といわれた絹見少佐(以下、艦長)に広島につづく原爆の阻止を命じ、ドイツから渡った新造戦艦「伊507」(以下507)の指揮を取らせます。

 507はただの新造艦ではなく、謎の新兵器「ローレライ・システム」を搭載した、まさに日本最後の希望。希望ではありながらも、その船員は寄せ集めの連中の何者でもなく、中には10代の兵士もいました。

 その10代の兵士、折笠と清永はローレライシステムを搭載したユニット、「N式潜」の搭乗員をまかされていました。米軍をうらむ折笠は、N式が人間魚雷ではないことに不服を持っています

 507には技師(?)の高須も搭乗しますが、ローレライ・システムの詳細については何も教えてくれません。ただひとつ教えてくれるのは

 「ローレライの威力は絶対です」

 その次の日、507は太平洋に向けて出撃。その夜、折笠と清永はローレライ・システムを知るためにナイショで潜入します。清永の頼みで、しぶしぶ折笠だけがユニットに入ります。そこで折笠が目にしたのは!

 その直後、507はアメリカ軍と遭遇してしまいます。艦長はさっそくローレライの起動を高須に申し出ますが、高須はそれを拒否。理由もいわないので、ほぼ強制的にローレライを起動。すでにユニットの中にいた折笠が操作することになります。

 起動したローレライのそのすさまじさに艦長以下乗組員は動揺しますが、システムの起動の代償は決して安いものではありませんでした

 そんな中、2つ目の原爆、ファットマンが長崎に投下。それにより507は艦長の独断で任務を遂行。そして朝倉大佐は「新生日本」を創設すべく、おそるべき計画を始動させる



 この映画見てわかりました。「現代版ガンダム」という理由が・・・。確かにガンダムチックです

 ローレライ・システムなんてもはやサイコミュです。あげくのはてにはN式が撃つ魚雷。あれなんて現代版ファンネルとしか・・・いや、むしろ、「閃ハサ」のクスイーガンダムとかが使う、ファンネル・ミサイルの魚雷版じゃないか(つД`)

 まぁ、ちょっとネタバレですが、イルカやコウモリが超音波で交信するように、人間にもそういう能力があるといってました。海に出ることによって開花するその能力をさらに増幅させるのがローレライ・システム。それはまさに宇宙に出た人間が脳をさらに使うようになった人種、いわゆるニュータイプと同じような思考。それ以上でもそれ以下でもないです

 ローレライをガンダムと重ねるな、ってゆう人がいますが、この点からこの映画は十分ガンダムしてます、マジで

 死んだ人の意思が自分に流れてくるとか・・・もうニュータイプのほかに何があると・・・(滝汗

 福井氏の「現代版ガンダム」発言はあながち嘘でもないみたいです。

 カッコイイ映画だ!とか思いつつ、ガンダム的な部分がちょくちょくでてくるので気になってしょうがないです。つっこまずにはいられない!

 あ、でも清永のボールにかけた思いはひしひしと伝わってきました。あれはとてもいいシーンだと思います。どれだけ野球が好きだったかがわかります

 折笠がローレライに乗りこんだごたごたなんて、ガンダムに乗り込んだアムロとあんまり変わらないです。無意識にそんな考えがきました

 こんな映画の見方しかできないなんてorz 僕はこの映画に向いてないのか・・・

 やっぱりこれはエンターテイメント性が高いためか、話に重さを感じない。僕としてはそれがいいのですが、コアな人にはきついだろうなぁ・・・

 UC系ガ、ガンダムが好きな方は見てみるといいと思います。やけにガンダムのオーラを感じます。ヒロインはおそらくニュータイプです


 僕も海にでたらなれるかなぁ、ニュータイプ(影響サレスギ



 ・・・・・・なんだこのレビューはorz お読みになってくださった皆様、申し訳OTL
スポンサーサイト

ローレライシステムと聞くとガンダムXを思い出してしまう自分がいる( ´ー`)

2006.05.07 22:09 URL | マサキ樹 #nGdA3O4A [ 編集 ]

う、そんなのあったような・・・w

ネタかぶってる時点で(ry

2006.05.08 21:43 URL | ラスティー #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/114-33a1a8a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。