幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  ミッキマウス、ミッキマウス、ミッキミッキマウス!(挨拶

 大晦日です。毎度の事ながらなんもやってません(オイ

 一日だったか、二日だったか、親戚の家に行くので、とりあえずの正月の予定はありそうです。・・・・・・よかった


 というわけで、本年最後の記事はどうしようかあれこれ考えたのですが、無難に映画を見ます(ぁ
 ROも復帰しないとならないのですが、どうも課金しても一ヶ月はやらなさそうな・・・。

 7Daysチケットでも買ってこようかな・・・



 んで、本年最後の映画はこちら

 D111904961.jpg



 唐突に戦争映画がみたくなったので、借りました。これも題名だけ知ってたので一度見てみようと思いました。ちょっと興味もあったのでw


 「フルメタル・ジャケット」です

 「バンド・オブ・ブラザーズ」とか見たいなぁ、とか思いつつも、「長いからいいや」と投げていたり・・・。映画じゃないけど、見たいのです、あの作品


 ともかく、戦争映画は久しぶりなのでちょっとドキドキ・・・

 どんな話かというと・・・



 アメリカ、ロースカロライナ州の海兵隊新兵訓練基地は、高校を卒業したばかりの青年らを徹底的に鍛える場所だった。

 青年達は髪を丸刈りにされ、8週間、過酷な日々を送り、戦闘マシーンとしてベトナムの戦場に送られる・・・。というのが、ここの目的である

 青年達・・・いや、新兵達の教官、ハートマン軍曹の辞書に「情け」という文字はない。最初に浴びせられた言葉が

 「いいか、貴様ら雌豚がおれの訓練に生き残れたら、各人が殺人兵器となる!その日まではウジ虫だ!地球で最下等の生命体だ!」

 というものだった。そうして、ハートマンの新兵訓練が始まった。朝から晩まで新兵に罵声を浴びせる毎日が続いた。そんな中、肥満体のレナードはどんな訓練でもヘマを起こしてばかりだから、ハートマンの標的にされるのは容易だった。

 「○○、××、△△△!!ベトナム行く前に戦争が終わっちまうぞ!**!!」


 ハートマン教官に班長を命じられた"ジョーカー"二等兵はレナードの面倒を見る事となった。
 それこそ、銃の整備の仕方から、布団のたたみ方、靴紐の結び方までである。
 レナードは次第に"ジョーカー"を友人として慕い始めた。

 ある夜、ハートマン教官の点検を受けた新兵達。点検を受けているレナードは荷物の中に隠しておいたドーナツを教官にみられてしまった!
 責任は新兵全員の責任となり、腕立て伏せの制裁を受ける。


 その夜、全員がベッドについたところで、密かに打ち合わせていた通り、レナードへのリンチが行われた。レナードは完全無防備の状態でのリンチだった。
 リンチをためらうジョーカーだったが、強要され、やむを得ずリンチに参加する・・・。

 レナードは自分が慕っていた人間から暴力を受けたのだ。その精神的なダメージは計り知れないものだったのだろう。翌日からレナードに異変が現れるのだった・・・・・・。


 とてつもない映画でした。この映画は前半と後半で大きく分かれていて、前半は新兵訓練で、後半の方は割と普通な戦争映画なのですが、前半も後半もラストが尋常ではありません

 なによりハートマン教官の罵声がすさまじかったです。「あぁ、これが新兵訓練、つまりは、軍というものなのか・・・」とまざまざと見せ付けられた感じがします。

 翻訳もおそらく完璧で、音声も、いわゆる「ピー」音なしなので、アメリカのテレビ番組でさえも伏せる語をこの映画ではダイレクトに言っているわけです。

 言葉がすごすぎて思わず苦笑してしまいましたww

 あんまりにもすごいのでここに載せてやりたいところですが、どっこい、ここはそういう趣旨のサイトではないので控えておきます(当然


 ・・・・・・とてつもなく下品ということです。こういうのがダメな人はこの映画を見るのはやめておいたほうがいいと思います。マジですごいので

 多分3分持ちませんよ


 やはり前半の新兵訓練の様子に圧巻しました。軍人の訓練を生で見ているようで、「実は出演者全員現役軍人じゃないのか!?」と思っちゃうくらいなんです。
 本編の約半分が新兵訓練で埋まっている映画なんてそうそうないと思うので、非常に驚きました

 ところで、この映画は戦争において、人間の狂気の様子を描いた作品だと聞きました。

 確かにすごかったです。リンチを受けたあとのレナードの変貌用。そして物語前半のラストシーン。実に衝撃的でした。

 今までの展開ようから、そんなことはないだろうと思っていたのですが、彼の狂気には背筋が凍るものがありました。

 人の狂気というのはああも恐ろしいものなのかと思うと同時に、ああゆう状況に置かれると人というのはこうも簡単に狂ってしまうものなのかとも思いました。

 民間人を機銃で撃って、ゲームのように楽しむ兵士の姿もありました。思わず身震いします。
 ラスト1分で兵士達が歌う「ミッキーマウスの歌」は酷く恐ろしいです。殺人マシーンと化した兵士達が歌うミッキーマウスか・・・


 あ、それでちょっと気づいたことなんですが、前半と後半って内容は全然違うのですが、終わり方が一緒なんですよ。
 前半の主人公の一人であるレナードと、後半の主人公"ジョーカー"はラストで同じ道筋をたどってるんですよ。


 (ここだけネタバレになってしまい、申し訳ないのですが、言う機会はもうないと思うので言ってしまいます)


 つまりは、二人とも殺人マシーンへと変貌してしまうという様です。全く別の話と見せかけておいて実際は舞台を「基地」から「戦場」に置き換えただけ。
 もっと言えば"ジョーカー"の方が狂乱するのが少し遅かっただけなんですよね。




 この映画を通して監督が何が言いたいのか、というのはいまいちわからないのですが、非戦でも反戦でも、反ベトナムでもない、何かもっと根源的なメッセージを受け取ったように感じます。

 こういった戦争映画も見る事で、「戦争」という概念をもっと違った視点で見つめることができるのではないかと、ガラにもなく考えてしまいました。



 生々しい現実を突きつけられたような一本でした。
スポンサーサイト

あけおめ~ヽ(´ー`)ノ

今年もよろしく!

http://www1.odn.ne.jp/~ady27460/ro/gyara/nenga07-2.jpg

2007.01.01 00:07 URL | 草原のマサキ樹 #nGdA3O4A [ 編集 ]

あけおめです~。今年もよろしくです!
おぉ~、ルナマリアですな~w ありがとうございます!

ちびキャラ上手いなぁ、もぅw

2007.01.04 17:53 URL | ラスティー #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/193-49b44db2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。