幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  なんだかPCがご機嫌ななめ。もうHD買え時なのか・・・・・・。


 さて、今回から映画レビューに復帰。今回は再び動物モノいってみようと思います。

 物が物だけに、今回は多分若干暴走すると思います(ぁ


 いきなりなんですが、僕の家庭用動物を抜いた中での好きな動物というのは、実は「シャチ」なんですね。(基本的に動物は大好きですが、シャチはダントツで好き)
 その理由は後ほどとして、自分の好きな動物が出てくる映像ってどうしても見ちゃうじゃないですか。家庭用動物以外の動物なんて特定の場所行かないと見られませんしね。


 ちなみに、「シャチが好きだ」というと大体の人に怪訝な顔されます。「えー、なんでシャチ?」みたいな。変人みたいな目で見られます。
 ・・・・・・否定しないけど

 そのくらいシャチ好きなんですけど、いまだに見たことないんですよ。でも、現実にショーとかでシャチみたら多分失神すると思います(オイ

 例えばほら、氷川きよしのライブいって氷川きよし出てきたのはいいけど、感激しちゃってぶっ倒れるおばちゃんと一緒ですよ(マテ


 まぁ、変な話になってしまいましたが、とどのつまり、シャチがメインで出てくる映画ないかなーって感じでお店の中あさりまくってたんですよ。
 ただ、そんな僕の夢をかなえてくれるような映画があるわけないよなとかあきらめかけてたんですが・・・


 5194Y965ESL._AA240_.jpg



 あった

 一人の少年と“じゃじゃ馬”シャチ、ウィリーとの出会いを描いた映画「フリーウィリー」です。

 見つけるなり、音速でレンタルしました。どうやら3部作のようですが・・・・・・。


 さて、気を取り直してあらすじ

 孤児院を脱走したにとって「生活」とはジェシー。物を盗んで路上で飲み食いして、眠る事であった。
 ある日、警察に追われ、海岸沿いの古い水族館に逃げ込んだジェシー。そこの水槽で彼は一頭のシャチに出会う。

 ジェシーは結局警察に捕まってしまい、孤児院に連れ戻され、彼の身柄は、里親としてグレン夫妻の家に送られた。
 ジェシーが孤児となったのは6年も前の事だ。ジェシーの母親は彼を捨てたのだ。だが、ジェシーはきっと迎えに来てくれると信じ続けてきた。それは今も変わらず、グレイ夫妻がいくら気を引こうとしても彼らはジェシーの親にはなれない。そういうわけでジェシーは夫妻に心を開かなかった。

 水族館に侵入した際、水槽に落書きをしていたジェシーは、罰則としてそれを落とすように言われていた。
 そこで、あのシャチと再会する。ウィリーという名前で、全然人になつこうとしないそうだ。

 ある時、仕事を終えたジェシーはウィリーの水槽の近くでハーモニカを吹いていた。するとウィリーはそれに反応するかのように、彼の方によって来た。
 その日からというもの、ジェシーとウィリーはどんどん仲を深めて行き、彼の指導の下、ジャンプや回転、ダイビングなどの芸を仕込み、身につけさせた。

 水族館のオーナー、ダイアルとウェイドはウィリーが金儲けに使えると考え、ショーを開いてみるように言うのだが・・・。


 とにかくもうシャチが可愛い。それに尽きる!

 シャチのお腹が!お口が!しかも、キューキュー鳴くんですよ!? 舌だしてピロピロ動かしたり、ヒレをヒラヒラと動かしたり!!(;´Д`)
 あー、もうたまらん! あんまりに可愛いのでニヤニヤしながら見てしまいました。

 え、キモイ? 何とでも言うがいい! シャチの可愛さは絶大ですよ?


 シャチの頭とか舌とか触ってみたいなー。皮膚は「ゴムみたいだ」と言ってましたが、舌はどんな感触するんだろ。

 主人公であるジェシーが僕に変わってシャチのウィリーと戯れてくれるので見ていてとても満足でした。

 物語のテンポには若干、お約束要素があるかなーって感じがしましたが、なかなかしんみりとするいいお話でした。
 ラストなんて結構よかったです。ジャケットにも描かれているシーンです。
 少年とシャチ、双方とも人間不信という共通点があり、似たような境遇があったからお互いに仲良くなれたのでしょうね。
 そんな二人がどんどん仲良くなっていき、ウィリーが芸を覚えていく所が特に良かったです。

 なんだかシャチが可愛いとかそういうの抜きにしても、純粋な気持ちで見れる映画だったと思います。まさに子供のような気分で見れる映画。
 こんだけ何にも考えずに見られた映画も久しぶりなような気がします。


 余談ですが、この映画のEDはあのマイケル・ジャクソンが歌っているのですが、この歌がまたなんとも、この映画の雰囲気とあっていて、なによりどこからか「優雅さ」を感じることのできる曲でとっても良かったです。
 つまり、シャチっぽい歌です(ナニ
 CD欲しいくらいいい曲でした。


 水族館でもいいから、いつか必ずシャチに会いに行こうと思いました。それから、この映画の2作目もー。
スポンサーサイト

>舌はどんな感触するんだろ
のあたりでシャチとディープキスを想像した俺は負け組ですか…

2007.06.09 00:56 URL | (´□`) #- [ 編集 ]

 ちょwwwww
 頭の大きさが違いすぎっ! 飲まれる! シャチは人食べないけどっ!w

2007.06.09 16:17 URL | ラスティー #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/240-dd0725b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。