幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  「お分かり?」(挨拶

 映画のレビューの「ジョニー・デップ祭り」を一人で開催しているところでしたが、4本目の映画のレビューを書くのをすっかり忘れていました(;´Д`)
 僕のレビューを見てくださっている方には申し訳ない!

 そんなわけで早急に消化したいとおもいます。


 J・デップ祭りの第一弾(?)のラストを飾るのはこの映画。

 51FZE0E1AHL._AA240_.jpg



 大ヒット映画を見るのはすげえ久しぶりです。
 ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」をモチーフにしたアドベンチャー映画、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」です。

 メディアでも散々取り上げられてたし(その割にはメディアは急激に冷めて行きましたが)、J・デップ氏はこの映画で爆発的な人気を得たりと、とても話題になっている(いた?)映画。僕の周りでもこの映画のファンの人が多いです。というか、J・デップのファンが多いのか・・・・・・。


 さて、雑談はこのくらいに、早速見てみました。


 【あらすじ】

 時代は17世紀。カリブ海の港町。イギリス領の提督の娘、エリザベスは黄金のメダルを大切に保管していた。これを手にしたのは彼女が子供の頃、今からおよそ8年も前の話である。
 ちょうどその時は父と共にイギリスからカリブへと航海をしている途中だった。
 航海の最中、エリザベスは板切れに倒れて漂流している少年を発見した。船の男達が少年を救出すると彼らの眼前に燃え盛る船が突如として現れた。おそらく海賊に襲われたのだろう。
 あわただしくなる船上で、エリザベスの父はエリザベスに少年の介抱を任せた。

 そこでエリザベスは少年が黄金のメダルを首から提げていることに気づいた。それは、海賊であることの証。見つかったら殺されてしまう。彼女は他の人に見つからないようにそっと隠した。・・・・・・その日からずっとこれを持っている。
 その時の少年はウィリアム(ウィル)といい、鍛冶屋としてエリザベスやその父と接触していた。
 お互い、好意を抱いているのだが、階級の差から、その気持ちは隠さなければならなかった。

 ボロボロの帽子を被った奇妙な男がこの港にたどり着いたのは丁度その頃のことであった。


 消化不良すぎるあらすじですいませんでした。



 【映画の感想】

 「カリブの海賊」をモチーフにしたとだけあって、カリブの海賊で見た風景が映画のワンシーンとしているのがなんか小ネタっぽくて面白かったです。「お、これはあのシーンか!」みたいな感動があります。

 登場人物の一人一人がとても魅力的な映画だと思います。ボロボロの帽子を被りフラフラヘロヘロとし、敵なのか味方なのかわからないジャック・スパロウ。無駄にカッコイイオーランド・ブルーム扮するウィル。やたら強気のお嬢様エリザベス。そして、バルボッサ。こいつのカッコよさは異常www
 そんな具合で、登場人物がお互いの個性を引き立てあっているので何気ないシーンでもカッコよく見えたりします。
 ヘロヘロしてるけど、カッコイイじゃねえか、ジャック・スパロウ。
 でもやっぱり僕はJ・デップは「シークレット・ウィンドウ」の印象が強い。

 ジャックもそうなんですが、個人的にはバルボッサがイイww不老不死で、満たされる事の無い欲望と共に生きてるかっこいいとっつあんです。
 たしか、J・デップはこの映画で主演男優賞を取っていたとおもうのですが、バルポッサ役の俳優さんは助演男優賞を取っていなかった気がします。なぜだ!!!
 バルボッサも賞を受賞されてもおかしくないと思うのですが・・・。
 カッコよさとしては
 バルポッサ>>>ジャック
 くらいあるのに!! いや、まぁ、半分冗談ですが、バルボッサはジャックに負けないくらいの魅力がある


 物語としては、王道を通っているだけかと見せかけておいて、物語もとても上手く構成してあると思います。例えば、最後まで敵か味方かわからないジャックとウィルの駆け引きですね。自分の利を追求しているのか、ウィルを助けたいのかが最後までまったくわかりません。ウィルと共にジャックに騙される事請け負いです。どういうところがどうだったと言ってしまうとネタバレになってしまうので伏せておきますが、あんな騙して騙されてみたいな駆け引きがとても面白かったです。

 物語の構成で思い出しましたが、こういう映画にしては結構伏線が多かったように思います。とくにジャック関連の。
 いつもフラフラヘラヘラしていたり、一発だけ銃弾の込められた銃を持ち歩いていたり、海賊なのにボロっちい船しかもってなかったり、等々。
 映画の終盤でこれらはすべて回収されてるっぽいから、「デッドマンズ・チェスト」は後付なんですかね?


 そして、物語のキーとなる金のメダルですが、ジャックが○になった時なんかは「なるほどなぁ」と思い、ジャックの「こいつは面白いな」の台詞でなぜかニヤリとしてしまいました。
 バルボッサとの決闘のシーンはまさに“目には目を”な戦い方ですよね(これ以上言うとネタバレになってしまうので(ry
 この映画は魅せるところは魅せる映画じゃなくて“とにかく魅せる”ものだと思うので、見てて飽きが来ないのも強みのひとつではないかと思います。

 見ててハラハラしたりするので、とにかく面白い映画が見たい! という方にオススメします。レンタルじゃなくて手元に残しておいてもいいと思います。一回見ても忘れた頃にまた見たくなるようなタイプの映画だと思うので。
 これみたら二作目、三作目って見たくなるんじゃないですかね? 

 ここからは余談ですが、この映画のおかげでディズニーランドの「カリブの海賊」が改装されてジャックがでてくるとか出てこないとかで。
 あのアトラクションは初期からあった奴だから、そこまでたいそうに変わっているわけではなさそうですが、気になる・・・・・・。

 ちょっと気になるから行ってみたいけど、一緒に行く人がいな(ry
 それ以前にディズニーランドは飽きてきt(ry
 行くならシーだべ~。
スポンサーサイト

よりによってラストシーンしか見ていないヨOTL
DVD借りてこようかねぇ。最後以外見ていないし。

2007.08.27 18:04 URL | 砂の人 #- [ 編集 ]

 ラストみちゃったんですかwww
 まぁ、とりあえずレンタルしてみて、面白かったら手に残しておけばいいのではw

2007.09.02 20:57 URL | ラスティー #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/257-1785ba63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。