幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 お久しぶりです。
 月が替わったので、今月分の映画を見てみたいと思います。見たい映画を優先して借りてきたので、今回のテーマなし。普通に借りてきました。

 では、さっそく一本目、参ります。

 
 41PZZV0SAVL._AA240_.jpg


 はい、久しぶりのゾンビモノ。
 ロメロ監督の「ゾンビ」を現代的な切り口でリメイクした映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」です。

 では、感想はいります


 【ストーリー】

 その日も女性看護士のアナは一日の仕事を終え、夫の待つ家へと自宅へ向かった。
 夫と共に過ごして迎えた新しい朝。そんな時にふと、寝室のドアが開いた。アナと夫が目を何事かと見つめていると、そこには隣の家に住む少女、ヴィヴィアンがいた。
 ヴィヴィアンは突如、アナの夫に襲い掛かり、喉を噛み千切った。アナはとっさにスタンドでヴィヴィアンを殴り、すばやく夫の治療に当たるが、それもむなしく、夫は息を引き取ってしまう。

 しかし、夫は再び目を覚ました。すさまじいスピードでアナに襲い掛かる。アナは間一髪、夫の襲撃を回避し、家から脱すると、そこにあるのはいつもののどかな街ではなく、地獄のような光景だった。そこらで起こる火事に、人と人を襲っているのだ。
 アナは何が起こったのかわからぬまま、車にのり、この街からの脱出を計った。

 街を抜けたところで、アナはあの惨状から抜け出した4人の人間と出会う。警察官のケネス、妊娠中のエダに、麻薬売人のアンドレ、電化製品屋のマイケルである。
 5人は、地獄と街から避難するため、近くにあるショッピングモールへと忍び込むのだが・・・・・・。



 【映画の感想】

 ショッピングモールの設備であんなトレーラー造れねえだろ! とか、とちくるったヒゲ親父を閉じ込めて、いざ開放するとすげえいい人になってたりとか、こいつらヘッドショット上手すぎだろ! とか、ゾンビ走るの!? 等など、いろいろ言いたいことがあったのですが、何も言わないでおきます・・・・・・。
 いや、そもそも、この手の映画に突っ込みを入れたら負けですよね。


 ショッピングモールに逃げこみつつ、ゾンビと戦ったり、若干ラリってる人が出てきたり、という映画の展開からか、デッド・ライジングを思い出しました。
 まぁ、勿論この映画が先なのですが、なんとなく、それを連想しました。


 内容に関してですが、なんで街の人がゾンビ化したんだとかそういう核心に近い、ストーリーの根本的な要素は明らかにされてないので、物語という漠然とした単位でみると、かなり薄っぺらいとおもいます。
 印象に残ったシーンも特にないため、見て楽しむための映画じゃないですかね。この映画をみて、何かを感じたりとかは多分ないと思います。

 しかし、それゆえに序盤と終盤のストーリー進行のスピードの速さは相当なのに、見ているこっちもちゃんと追いつけるという利点があります。
 中盤は非常にゆっくりと見せています。これは人物たちの様子とか、「危険の中の安全」であるショッピングモール内の平和さみたいなのを出す為なのではないかと。
 物語の中盤はゾンビもモールに入ってこないし、助けもいずれくるだろう、という心持からか、モール内で完全くつろいじゃったりしてるシーンの連続なので、ゾンビ映画にしては異常なほどなごやかなシーンが多かったりします。

 勿論、時折モール内で人物がゾンビになったりというトラブルが起きたりしますが、中盤はゾンビさんの目立った活躍はとくに見られなかったようなw
 モールにいる時間がやたら長いので、「もしかして、このまま終わり?」と思っちゃいましたが、そのころには物語は再び急加速を開始します。

 終盤では、いよいよモールを飛び出し、この街からの脱出を謀りますが、トレーラーの周りを埋め尽くすようなゾンビの大群に襲われるシーンはなかなかよかったです。
 ゾンビが全力疾走する様を見たのはこれが初めてではないのですが、別の意味で怖いです。でも、全力で走ってきて、すぐさま主人公達に頭撃ち抜かれるからそんなに意味ないのかもしれません。(銃ってそんな当たるもんじゃないですよね? しかも頭・・・。


 後気になったのは、スタッフロールでオチを付けるところです。できればしっかりとフィルムの中に収めて欲しかった気がします。ああいう演出も面白いとは思うのですが、やっぱり見づらい・・・・・・。


 漠然と映画を見たいなー、と考えてる方にどうぞ。一人でこっそり見て、一人できゃいきゃいするのに丁度いい映画だと思います。あんまり大人数で見る映画ではないかもー。

 余談ですが、BGMはそこそこよかったです。ホラー映画なのにホラーな音楽だけじゃなく、まったりした音楽があるのがすげえ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/258-765489df

HARE KRISHNA ZOMBIE /CULT CLASSICS SERIES 6/ 7inch ACTION FIGURE:
◆ジョージ・A・ロメロの代表作、映画『ゾンビ』より「クリシュナ教徒ゾンビ」がラインナップ!!フライボーイやプライド・シャツ・ゾンビなどメジャー系ゾンビのリリースが続いてきましたが、ここでマニアックゾンビ

2007.09.04 13:54 | 京都の七条にてアメトイ専門に取り扱っておりますフィギュアショップ ピンクドラゴンです。       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。