幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 早くも三発目。今回はこちらを見ました。

20080220014554.jpg



 ハリソン・フォード主演のサスペンス映画「ファイヤー・ウォール」です。

 ハリソン・フォードといえば、「インディー・ジョーンズ・シリーズ」のインディー・ジョーンズで有名だったりしますが、僕としてはなぜか「エアフォース・ワン」のイメージが強いんですよね。よかったなぁ、大統領・・・・・・。


 【ストーリー】

 シアトルにある銀行に務めるジャック・スタンフォードは、この銀行のコンピュータ・セキリュティの専門家であり、の盗難防止システムを構築した人物であり、ここの最高幹部である。

 休みなく襲いかかる不正侵入を防ぐ絶対的な“盾”。しかし、そんな盾にも“絶対的”な穴が存在した。

 ビル・コックスが率いる強盗グループはそこに目をつけた。一年がかりでジャックの個人情報を収集し、ジャックが出勤しているタイミングを見計らってジャックの家族を監禁する。
 彼らの狙いはシアトル銀行にある資金であった。

 彼らはジャックに、銀行のファイヤー・ウォールを突破させ、ビルの海外口座に1億ドルを振り込むことだった。
 その後、“足跡”を消し、電子データを抹消する。そうすることで全ての責任をジャックに押し付けるという寸法だ。

 家族を人質にされているジャックには、その条件を飲むことしかできなかった・・・・・・。


 【映画の感想】

 銀行強盗チームのボスがT-1000である件について。
 それでいて結構性格が似てたので、どうしてもT-1000のイメージと被ってしまいました。いや、これは私的なことですけど、演技がいいです。冷酷非常な銀行強盗役! それでいてターミネーター! ハリソン・フォード目当てで見たのに、思わぬサプライズにビックリしてしまいました。


 冗談はさておき、映画の運びとしてはこれといって突出したところもなければ、欠けているところもない、いわば王道的なストーリーでした。
 王道というとあまりいい響きはしないかもしれませんが、それ故に安心して見れるというのが王道的ストーリーの欠点にして最大の長所でもあるのです。
 わかりやすい勧善懲悪であるため、人物に対する感情移入も非常にしやすく、盛り上げるところはしっかり盛り上げるので、脚本の安定性も保たれているかと思います。

 仕事から帰ってきて、居間に座ってみるけど見たいテレビがなくて、「うーん、暇だな。映画でも見るかぁ」とか呟きながらビールなどを飲みつつまったり見られる類の映画です。僕はビールを飲みませんが、そんなノリで見れる映画。


 映画はIT社会に潜む闇とセキリュティ問題を取り扱った内容で、企業ネットワークに不正侵入が云々といった話題も出てきますが、やはりあくまで娯楽映画ですから深く考える必要はまったくありません。そういう趣旨の映画ではありませんしね。

 王道の「王」の字を三個つけて並べたくらいの王道ストーリーを実力派の俳優陣が彩るわけですから、そりゃあ引き込まれるに決まっています。
 当然のように突っ込み所がありましたが、突っ込んだら負け。
 ラストがちょっと急ぎ気味だった気がします。もうちょっと余韻に浸りたいものです。しかし、それを差し引いても十分楽しめる映画ではないかと思います。


 お菓子やらおつまみやらお酒やらを片手にご覧になってみてはいかがでしょうか。まったりまったり。


 【個人的見どころ】

 ハリソン・フォードが苦悩している様子がたまらなくいいです(*´Д`)
 「エアフォース・ワン」の時にもありましたが、人を殺してしまった時の彼の演技がとても印象的です。
 「とんでもないことをしてしまった・・・・・・」的な、頭のなかで静かにパニクってる、どうしよう、と頭の中で静かに葛藤しているように見せるあの演技。
 あの生々しい表現が素晴らしい。
 
 あと、サラにもっと可愛い服を着せてやってください。美人なのにトレーナーとジーンズなんてあんまりだ!


 【キャスト】

 監督:リチャード・ロンクレイン
 制作:ベイジル・イヴァニク
 脚本:ジョー・フォート

 出演:ハリソン・フォード、ロバート・パトリック、ポール・ベタニー、ヴァージニア・マドセン

 上映時間:105分
 配給:ワーナー・ブラザーズ



 【余談】

 レンタル版にはアメリカのTVドラマ「スーパーナチュラル」の第一話が収録されたので見てみた。
 アメリカのドラマを見たのは久しぶりでしたが、流石は映画大国アメリカと声を上げたくなりました。
 映画ばりのクオリティとスケールの大きさに涙がでた。日本のドラマよりずっと面白かったです。

 今度まとめてレンタルしてみようかなぁ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/290-5cc1eb91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。