幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  お久しぶりです。学校三年目突入ですが、今のところ順調です。

 前はそうでもなかったのですが、最近、母親が深夜アニメを見る頻度が多くなってきました。今はモノクロ何とかってアニメ毎週見てます。結構萌えアニメが好きみたいです。
 時間になると洗濯しながらさりげなくチャンネル合わせてます。
 そっちの道に漬け込もうとすれば容易に出来そうですが、これは一度漬けてみるものでしょうか?
 CCさくらを見せたら一発で走っていきそうだから怖い。


 さて、一週間ぶりの映画です。
 映画はあと一本残っているのですが、すっかりレビュー書いたつもりで次のを借りてきてしまいました。なので、次回は次のジャンルに移り、それが終了してから書こうとおもいます、すいません(つД`)
 次回は再びホラー洋画へ。

 とりあえず今回はこの映画です。

 ホリデイ


 2006年に公開された「ホリデイ」です。
 これ見たのが二週間ほど前なので、当時の余韻が完全に消え去ってしまってます。


 【ストーリー】

 会社のクリスマスパーティーで、ロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリスは、恋人で同僚のジャスパーが他の女性と婚約したことを知る。一方、ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画の予告編の製作会社を経営するアマンダも、恋人のイーサンの浮気に気づき、別れることにした。

 いくら悲しくても涙を流せないでいたアマンダは、休暇を取って旅に出ることを決め、インターネットでイギリスのサリーの小さな村シェールにある素敵なコテージを見つける。そのウェブサイトは休暇中にお互いの家や車などを交換するサイトで、見ていたのは同じく恋に破れたばかりのアイリスの家だった。

 意気投合した二人は、早速お互いの家を交換することにして旅立つ。そこで、アマンダはアイリスの兄グラハムと、アイリスはイーサンの友人で映画音楽の作曲をしているマイルズや、近所に住む引退した脚本家のアーサーたちと出会う。お互いそばに男はいないという条件で家を交換したはずだったのだが……。

 【映画の感想】

 家を取り替えることで今までの自分とは違う生活を送る「ホーム・エクスチェンジ」という日本人にはなじみの薄いものを題材にしているせいか、新鮮な感じがします。若干のカルチャーギャップを感じますが、基本的に楽しめる映画です。
 傷心を負ったアマンダがアイリスの小さな家で生活し、アイリスがアマンダの豪邸で生活することになり、互いが互いの家を気に入って、乱暴に言ってしまえばそこで好き勝手やってしまうこの物語。

 アマンダはグラハムと出会い、いわゆる友達以上恋人未満な関係になってしまうわけですが、この2人のエピソードはなんか不自然な気がしました。どこがどう、と言われたらちょっと辛いですが、いきなりそうなるかなぁ、と思わず首をひねってしまいます。あれほど傷心してたのに、傷心してた勢いでああなり、気づいたら「旅行期間が一週間だからあなた(グラハム)のことを好きになってはいけない」という思考に切り替わってるのはいかがなものか。転換するのってそんな簡単ですかね?

 グラハムのものの考え方もちょっとあれでした。こっちの女性かじってはあっちの女性をかじったりな所が。自分で振っといてアイリスに絡むのは酷ではw
 そのせいでアマンダが無駄に苦労を見てる気がします。2人の恋の進展がやたらと遅いのは確実にグラハムのせいでしょうね。


 対して、アイリスとマイルズのエピソードは面白いですね。単に、出会いを重ねて恋愛します、というのではなくて、アーサーという元脚本家の老人が出てきて、2人で彼をなんとか奮い立たせようみたいなエピソードが絡んできます。2人の関係が赤の他人→知り合い→友人→パートナー的な存在→恋人(?)という関係になっていくのが目に見えて発展していきますので、この経過が非常に良かったです。少しずつ進んでいく感じです。
 傷心したアイリスがその傷を時間と共に癒していくというのがとても自然でした。自分の痛みがわかるから、マイルズの痛みが理解できたりするのですね。
 

 グラハムの恋愛感みたいなものがよく理解できなかったので、彼の印象は僕の中では薄いのですがマイルズはキャラクターがいいです。存在感が独特っていうんですかね?

 自分の好きな人のために作曲して、曲を送るというパフォーマンスが面白いです。「スクール・オブ・ロック」という前例があるためか、彼(ジャック・ブラック)が作曲家という設定がやけにしっくりきます。
 面白いといえばアマンダの“予告編の声”でしょうか。大笑いはしませんが、声のボケ、アマンダの突っ込みは絶妙。クスリと来る程度ですが、作品の雰囲気を壊さず、かといって冷めるわけでもないあの塩梅がいいです。

 ところどころ?な部分がありますが、僕みたいに恋愛映画をあまり見ない人間でも十分楽しめる映画でした。恋愛映画が好きな方が見たらもっと楽しめると思います。つまり、万人向けの優秀作。


 【個人的見どころ】

 アーサー爺さんですね。物語として、彼の成長が見ていて一番わかりやすいし、何より彼の活躍なくして、アイリスとマイルズの出会いはなかったわけです。
 クライマックスにおけるアーサー爺さんはキマりすぎ。

 【キャスト】

 監督:ナンシー・メイヤーズ
 制作:ナンシー・メイヤーズ、ブルース・A・ブロック
 脚本:ナンシー・メイヤーズ

 出演:キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック

 配給:UIP
 上映時間:135分
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/300-f14c4c4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。