幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 お久しぶりです。

 映画の前にリアルの話をひとつだけ。
 一週間くらい前の話になるのですが、無事免許取得できました。意外と感動がないものですね。むしろ、安堵のため息が出ました。よほど肩の荷物になっていたんでしょう。

 とりあえず今は自家用車になれるため、近所で車を転がしてます。今までマニュアル車に乗っていて、そっちになじんでしまったので、車に対する扱い方の感覚が違う気がします。
 ATは操作が楽でとてもいいんですが、なんかこう、楽だから気が緩むというか、緊張感がなくなるというか、そんな感じがするのです。
 僕は使っている物をあんまり変えたがらない(買い換えるにしても同じものを買う)性分なので、こんな違いが事故を起こしそうで怖いです。

 そんなわけで、自分で車買うときはマニュアル車にしようと思いました。何十年先の話だよ。




 はい、それでは映画です。ホラー映画編最後の一本です。
 次回は何見よう・・・。


 シャイニング


 今回はスティーブン・キング原作映画「シャイニング」を見ていきます。
 こちらはスタンリー・キューブリック監督作品。

 映画を見る前に原作に目を通しておこうとも思ったのですが、どこの本屋に行っても売ってないので、あきらめました。よって原作は未読です。


 【ストーリー】

 コロラド州のロッキー山上にあるホテル。冬季になるとこのホテルは閉鎖されるこのホテルに、小説家志望のジャック・トランスが管理人の職を求めてやってきた。
 しかし、支配人のスチュアートはこれを快く承諾するわけにもいかなかった。それというのも、このホテルの前の管理人となったチャールズという男がジャックと同じように家族と共にここで過ごすことになったのだが、その際、チャールズは斧で家族を惨殺し、最後には自殺してしまうという〝ワケあり〟の場所であった。
 しかし、ジャックはその話を無視し、妻ウェンディと息子ダニーと共にホテルでの生活を始めてしまう。


 【映画の感想】

 キューブリック監督、すごいですね。なかなか怖かったです。ちょっと昔の映画なのに、なんだか斬新な表現がいくつもあって怖がりつつも、楽しむことができました。
 特に一瞬だけ双子を写すところとか、ジャックの幻覚(パーティのシーンとか)の演出がよくて、何気ないシーンで恐怖を感じます。

 演出のよさもさることながら、俳優陣の演技、特に主演のジャック・ニコルソンさんの演技がものすごい。本編見た後メイキングを見るとそのギャップに目が飛び出すほど。
 ついさっきまで笑いながら斧を振り回していた人間とはとても思えない。斧でドアを叩き割るシーンは他の映画ならなんてことないシーンなのに、この映画ではなぜか衝撃的なシーンに見えます。これもキューブリック監督の演出があってこそなんでしょうが。

 この映画が怖いか怖くないかの判断はすべてジャック・ニコルソンさんの演技にかかっていると思います。ニコルソンさんは役づくりに相当苦労したに違いありません。プレッシャーもかかってますしね。
 その苦労もあってか、あの形相はまさに「戦慄」という言葉がぴったり。子供のころにこの映画を見ていたら確実に夢に出てきたであろうあの姿。たまらないです。


 この映画で一番怖いシーンはやはり「Redrum!Redrum!」です。ダニーが口紅を使って夢中になって書きつづったあの文字。文字の怖さもさることながら、真意に驚愕です。ダニーの声も結構怖い。
 

 気になった箇所はいくつか。まずはジャックが閉じ込められて、その後外へ出るシーン。
「もう一度だけチャンスをくれ」
「わかった、やってみろ」
 というような簡単なやりとりであっさり脱出するのはちょっと拍子抜けしたような。普通に考えれば声の主があけたのでしょうが、なんだかギャグっぽいです。あの声もこのシーンの後は物語にかかわってこないし、あれ? と思ってしまいます。

 あと、ダニー少年の能力、シャイニングについても明確な説明がなかったので、ここらへんはよく理解できなかったです。まぁ、意識を共有できるようなものかと勝手に解釈したのですが。
 でも、これはやはりタイトルになってるくらいですので、このシャイニングという能力は重要な鍵となっていいてもおかしくないのに、オマケ程度にしか考えられてなかった気がします。
 もう少しこのシャイニングという能力が物語に関わってほしかったです。

 あぁ、あと、バスルーム(?)の美女のシーンには笑ってしまいました。


 あんまり語ってしまうとネタバレになってしまうので、感想はこのあたりで。いくつか不可解な点はあったものの、演出、人物、効果など、あらゆる面において高水準な作品だったと思います。


 【個人的見どころ】

 視聴者の恐怖心をあおるような演出が所狭しとちりばめてあるので、なかなか怖いです。びっくりさせて怖がらせるのではなくてじわりじわりと恐怖するような、そんな映画。
 主演のジャック・ニコルソン氏をはじめとする俳優陣の演技が本当にすばらしいので、この映画の恐怖表現が妙にリアルに感じられました。
 知ってはいけないものをいつの間にか知っていたような、そんな恐怖。

 リアルな恐怖を味わってみたい方はぜひ。

 本編とは関係ありませんが、DVDの画質がよかったです。


 【スタッフ】

 監督、製作:スタンリー・キューブリック
 脚本:スタンリー・キューブリック、ダイアン・ジョンソン
 原作:スティーブン・キング

 出演:ジャック・ニコルソン、ダニー・ロイド、シェリー・デュバル 他

 上映時間:143分
 配給:ワーナー・ブラザーズ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/307-f5e2ca7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。