幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 宣言どおり連続で。この映画はじわじわとくる魅力がありますね。「ブレイド」って意外とご存じない方も多いようで・・・比較的マイナー路線なんですかね?

 ブレイド3

 そんなわけで「ブレイド3」です。ヴェズリー・スナイプスは今回どのようなアクションを見せてくれるのか、期待です。


 【ストーリー】


 世界中のヴァンパイアを狩り続けるハンター、ブレイド。いつものようにヴァンパイアを無慈悲に倒していく彼だったが、あろうことか、普通の人間を誤って殺してしまう。
 そのことがきっかけで、FBIに追われる身となり、あえなくつかまってしまう。
 ブレイドの敵であるヴァンパイアは、彼のカウンセラーの医師団を装い、ブレイドに接近する。
 彼の窮地を救ったのはナイト・ウォーカーズを名乗る男と女だった。

 彼らはブレイドに共に行動を共にするよう説得する。というのも、ここ最近、とても凶悪なモノが暴れまわっているという。4千年の眠りからさめ、血を求める、完璧なヴァンパイア

 ドラキュラが現れたのだと。


 【映画の感想】

 前作でニッサというヴァンパイアと出会って少なからず何かを得たんじゃないのかブレイド・・・。どうしてこうなるんだブレイド・・・。どうして刀を使わないんだブレイドォォォ!!!
 といいたくなること請け合いです。ストーリーは相変わらずな粗末さですが、メインであるアクションも粗末なものだったのが非常に残念です。前作ではよかった早送り映像のようなアクションシーンなんかよかったのに、いっきに普通のアクションシーンになってしまいましたね。駄目、ってことはないんですけど、地味すぎる。肝心のグロもなかった。まるで別映画だ・・・。

 あと、ナイト・ストーカーズの必要性を感じないです。ハンニバル・キングという男なんて完全ギャグキャラ(しかも寒い・・・)です。女の人のほうはがんばってるんですが、皮肉なことに、あれではブレイドの活躍の場を奪ってるだけです。
 物語序盤でブレイドがFBIにつかまって、ナイト・ウォーカーズに救出されますが、FBIにつかまっておいてのうのうと外を出歩けるのはどうかと。車で逃げれば執念深く追ってくるに決まっているだろうに・・・。最後の最後で思い出したように出てくるし。
 ヴァンパイアたちを殺してあっさり警察に見つかるのもなんか間抜けっぽいです。


 映画シリーズのラスボスとなる元祖ヴァンパイア、もといドラキュラですが、これがまた弱い。いや、強いのかもしれませんが、あの倒し方はあっけなさ過ぎるでしょう。ていうか、これは絶対インフレでは。
 デザインもちょっとあれでした。あらゆるヴァンパイアのオリジナルなんだから、もっと威厳があってもいいとおもうんですけどね。見た目もあんまり強そうじゃないからそのせいでさらに弱く見えます。あれじゃ人間となんらかわらない。ぶっちゃけ人間の姿でいる意味あんまりない気がします。素の姿でいても他のやつらをねじ伏せられるだけの力はあるんですからね。

 こうしてみると、1と2がなかったこととして扱われている気がします。シリーズものとして、それはさびしいですね。


 さて、これで「一応」三作見たわけですが、一作目の内容を1%も覚えてないため、近いうちに一作目をみることになりそうです。2、3、1って順番です。どんな見かただ。


 【個人的見どころ】


 冒頭のアクションシーン、およびカーチェイスシーンが良かったです。
 あと、名前は忘れてしまいましたが、ダニカの娘役の子が可愛かったです。貴重な女の子成分。
 ブレイドに「どうしていつも怖い顔をしているの?」って聞くシーン。か、可愛い・・・!


 【スタッフ】


 監督:デイヴィッド・S・ゴイヤー
 製作総指揮:アヴィ・アラッド、トビー・エメリッヒ、スタン・リー
 製作:デヴィッド・S・ゴイヤー、リン・ハリス、ウェズリー・スナイプス
 脚本:デイヴィッド・S・ゴイヤー

 出演:ヴェズリー・スナイプス、クリス・クリストファートソン、ドミニク・パーセル ・・・他

 上映時間:113分
 配給:日本ヘラルド
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/314-67af4f72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。