幻像水月

 洋画メインで映画のレビューとかリアルのこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  先日は「ソウ」を見ましたが、実はもう一本映画を借りていたのです

 今回も知名度が高いやつです。もうちょっとマイナーなの観ようかなぁ・・・とか思いつつ、今回はこちら!





20060228210307.png



 制作期間が7年という膨大な時間をかけて作られた映画「ディープ・ブルー」です

 海の生物たちが魅せる、貴重な映像がたくさん詰まったこの映画。結構話題になりましたよね、なんでも公開当時はカップルで観たい映画とまで言われたとか・・・(ケッ!


 まぁ、それはそうとして・・・。この映画再見したら面白みはなくなるかもしれませんが、少なくとも観ている間は完全に魚気分ですw

 画面いっぱいに広がる蒼い海はスクリーンで観たかったなと素直に思いました。自然を撮った映画だから和みます。ただ単に和むだけではなくて、自然界の掟やかけ引きも観る側の人間に伝えているのです


 シャチがアシカを捕らえる映像はいいですね!

 アシカの赤ちゃんがヨチヨチ歩く姿も出てきましたね。あれはとってもかわいいと思います。和み度MAX


 写されたのはたくさんのアシカが安心してあがれる浜辺。そこでマターリしているところ、ザッパーン!とやってくるわけです!白黒バデーのあいつが!


 シャチは眼前にいるアシカをちぎっては投げ、ちぎっては投げ(実際ホントに投げてました)で、アシカを捕食


 それの光景を「かわいそう」とか「ひどい」みたいなことを間違っても口にしてはならんのです

 シャチがアシカを捕らえられるのは子アシカが海の恐怖を知らない間だけですからねぇ、期間にすると一瞬がいいとこですよね

 だからシャチもその一瞬を狙わなきゃ当分ご飯にありつけないわけです。かといってアシカも黙って食われるわけにもいかない。それが掟なのですな



 シャチは群れで鯨も襲ってましたからね・・・。さすがは海洋の王者といったところですか・・・。気性はとんでもなく荒いヤツらですが、個人的には好きです

 かわいい顔してババンバン!みたいな・・・


 あとはこの映画をみて初めて知ったのはペンギンが上陸する映像です。ペンギンってああやって陸にあがるのかぁ~、って

 どうやってあの推進力を得てるのかちょっと気になります

 ペンギンの3ヶ月絶食とか人間には到底マネできない行為です。動物ってすごいなぁ(ぁ


 あ~、気になるといえばあれです。深海の映像でネオンのような七色の光を自分でだしてるあのイカみたいな生き物!あれは気になります。何か心臓らしきものも丸見えでしたが・・・

 あれはどうやって光ってるんですかね?蛍のしくみ・・・とは違うようですが、わかりません!



 海の生物がえさを求めてる様子を見てるとあれですね。日々の食のありがたみがよくわかります(影響されすぎ?

 食物連鎖から外れてる人間はなんぞや?とかいうネガティブな思想に繋がりそうです(マテ


 日々の命の恩恵に感謝!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rusty7.blog18.fc2.com/tb.php/94-44173565

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。